03/12/2013

古代文字体験しませんか?

長く寒かった今年の冬。

ここのところやっと春らしく暖かくなってきました。
(春を通り越して夏日ってことも^^;)

3月の谷中道場、次回は31日です。

この時期のお楽しみといえば「谷中霊園の桜並木」です!!!

道場のある天王寺は谷中霊園の桜並木のつきあたりにあるんです。

谷中霊園の桜並木は、本当に見事ですよ〜☆

31日は満開の頃かもしれません!

お花見がてら、谷中・天王寺に古代文字体験なんていかがでしょうか?

*3月31日 13:30〜16:30まで。
日暮里駅・南口から徒歩2分
谷中・天王寺 上善堂にて

*天遊組結成6周年を祝い、6月までの限定で、体験者は3500円。
(道具・材料費が含まれます。)
2回目以降、お知り合いを同伴の場合、紹介者のかたは2000円で体験できます。

古代文字って?大きな筆で書いてみたい!など、興味を持った方はどうぞいらしてください!!

「春」や「桜」「お花見」など、季節の文字を描くというのもいいですね〜^^

*古代文字体験をご希望の方は、天遊組HPの「CONTACT」からお申し込みください。

Aff_data002

Posted by IZUMI

07/23/2012

天遊さんが…

-1

こんなところでも発見@キョー和。

※キョー和とは:新宿区大久保にある書道用品のお店
http://www.kywa.jp/index.htm

Posted by 門

 

 

07/02/2012

集中力では負けません・日暮里道場

ナウでヤングな駒込道場に負けず劣らず、日暮里道場も盛上がっています。

今回の道場は、なごやかにそして熱く(もちろん爆笑もあり)「秋の展覧会」にむけて話しをしました。
展覧会の前にも、恒例の「港区エコプラザ・親子ワークショップ」やお楽しみの夏合宿など、毎年夏から秋にかけて大忙しの天遊組であります。

と、あれやこれやについて話が白熱し、気づけば時間は終了15分前!!!
「今回ほとんど描いてない!!!」「もう今日はこれで終わり?!」
道場に微妙な空気が漂ったその時、
組長が一言
「さ、描きましょう」

それから、まるで「やる気スイッチ」がONしたような集中力。
作品をそれぞれ何パターンも書き上げました!
 
 「電」

120627_211131
「雨・土」
120627_210924
「虹」
120627_211203

一人一人、何かが変わってきているようです。

秋の展覧会がとても楽しみになってきました。

Posted by izumi

 

06/26/2012

梅雨の『雷』

2012062416380000

こんにちは!
束の間の晴れ間のようで、心地良い日ですね〜!
こんな日は机に向かっての仕事など放り出したくなります、、。

けれど、まだ梅雨は明けていないそうですね。
この間の日曜日はそんな梅雨時の、どよんとした空の下の駒込遊庵でした。

急遽決まったテーマが『雷』。
新しく遊庵に入った2人の組員にとっては、天遊組にてほぼ初めて、
辞書をひいて、文字を見て、意味を理解して、書き写し、
自分なりに昇華してデッザンしていく…という大作に向かう前の流れを体験しました。

雷は、神の訪れを表しているとても神聖な字(もちろん全て神聖ですが!)。
デッサン段階で苦労しましたが、大きく書くことで見えるものもありました。

最後は天遊さんも参加して、1つの作品を合作しました。
ジャンケンで順番を決め、1パーツずつ書くのですが、
また組長天遊さんはおてんばな仕掛けをするので、組員は嬉しいやら大変やら笑
バランスの取り方や、自分では出せない、出さないであろう線との協調や、
壊すことなど、たくさんのことが意識出来ました。

それぞれの、神の訪れが形になった遊庵でした。

Posted by 門

06/13/2012

ナウでヤングな(!???)新生遊庵

こんにちは!
梅雨入りた東京ですが、
じとじと陽気もいい感じになってしまう下町の遊庵にて、恒例の日曜道場です。

そして、ここ1ヶ月はそんなじとじとも吹き飛ばすフレッシュ組員がなんと2名も入会!!涙!!
作品は片や太い力強い渇筆の線質、片や細く絶妙なニュアンスの線質、対照的な2名で、面白い展開になりそうな感じです。
組員歴ばかり長くなってしまった私は心地よい焦りを感じつつ^^;

Img_5149
Img_5157

また、この日はスペインからの見学者のマルちゃんも遊びに来ました。
なにかとラテンに縁のある天遊組です。
マルちゃんは甲骨文字の方がわかりやすい!書き順もないの!?アートだね!
など、色んなことに感動しながら、最後にマルを書きました。
また日本の素敵なところ、紹介出来たかな?

Img_5166

色々なことのおかげで、心がほくほくする遊庵でした。

Posted by 門